読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

『小森さんは断れない!』が小森さんは断らせないになってた

漫画 読書

小森さんは断れない!5巻 表紙画像

これを書いてる現在は2月24日。初のプレミアムフライデーということで皆さんいかがお過ごしでしょうか。わたくしは「プレミアムフライデーだから、プレモル飲むでー」てなもんで、すでにビールを1.5リットルほどきこしめしております。おかしい。今朝起きた瞬間には、今日こそ飲まないと決めてたのに。と言いながら傍らの焼酎ハイボールを自然な動きで流し込んでるの本当に怖い。

さて。そんなことより、クール教信者による漫画『小森さんは断れない!』をご存じでしょうか。存じないなという方はwikiってください。概要だけ説明しますと、他人の頼みを断れない女子中学生(途中で高校生になるよ)の小森しゅりを中心とした日常物です。wikiって驚いたんですがアニメ化されたの2015年10月から12月なんですね。もう1年以上経ってるとかマジかよ。

連載途中の作品がアニメ化されると放送中はブースト掛かるものの、放送終了後はなんとなく終わった感じが出てきて原作のほうもトーンダウンしたりするんですが、本作の場合は全然そんなことなく続いています。むしろ中学を卒業して高校生編が始まり、作者曰くこのあとは「大学生編と異世界編」が予定されてるそうです。学園物が異世界ものになるとか、ジャンプで連載してた格闘漫画を思い出しますね。

まだまだ続く『小森さんは断れない!』ですが、現時点で発売されてるコミックス最新刊5巻までの感想をつらつらと書いてみたいと思います。

善い子なだけではない小森さん

本作は先にも説明した通り、他人の頼みを断れない小森さんが主人公です。小森さんは頼まれると断れない自分に悩み、時々アイデンティティを見つめ直したりします。そして「頼みに応えられて相手が喜んでると嬉しい」というところに落ち着いていくのですが、これは単なる善い子の模範解答ではなく、そうした相手の様子を見て優越感を感じている自分も引き受けたうえでの感想です。

もともとクール教信者の作風的に、ほのぼの日常系だと思ってたら、シリアスぶっ込んでくるがあります。作者の代表作『旦那が何を言っているかわからない件』でもありますよね。『小森さんは断れない!』でも、高校受験を目前に控えたなかでのできごとにより、小森さんは「なぜ自分は他人の頼みを聞いてしまうのか」悩みます。悩むんですが、それを糧として自己を確立させていきます。

大谷くんがかわいい

小森さんが中学で出会って恋をする男の子が大谷くんです。ショウヘイではありません。彼への恋心が回を重ねるほど暴走していき、小森さんが断らせないガールへと変貌していきます。大谷くんの実家の花屋でバイトすることが決まったとき、母親に「(大谷くんに)下心がなければいいがな」と言われ「私があるかも」と答える小森さん。アグレッシブ。さらに男女の友情について考える大谷くんに、「友情にはさせんぞ」と迫る小森さん。

小森さんは断れない!5巻

小森さんは断れない!5巻

小森さんは断れない!5巻

大谷くんへの恋心を自覚してから見せる、小森さんの猪突猛進っぷりは必見です。別々の高校に進学したことで大谷くんの出番が減ることを危惧しましたが、会えない時間が愛育てるのさという感じで、むしろニヤニヤ成分増し増しです。

アニメ版は見てたけど、その後どうなったのか知らないという人は、取りあえず4巻まで読んでみていただけると、中学生編が切りよく終わります。

kibunya.hateblo.jp

kibunya.hateblo.jp

kibunya.hateblo.jp

広告を非表示にする