読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

アロルディス・チャップマン、恋人へのDVで訴追されず

雑談

f:id:o_aiue:20160122195531j:plain

 
ニューヨーク・ヤンキースアロルディス・チャップマン投手は、2015年10月に発生したとされる恋人へのドメスティックバイオレンス(DV)について、司法当局から訴追されないことが決まった。当局が明かした。
 
最速169キロの速球を武器に、シンシナティ・レッズの抑え投手を務めてきたチャップマン。彼は恋人の首を絞めたほか、壁に向かって拳銃を8回発砲したと伝えられていた。
 
 
今オフのチャップマンは、ロサンゼルス・ドジャースへのトレード移籍が発表されたものの、DV疑惑が報じられた影響で凍結。その後ヤンキースとのトレードが成立していた。
 
 
この事件は発生から現在まで、いまいち詳細が分からないまま、チャップマンの出場停止処分あるのかどうかが焦点として伝えられてきた。それで今回の発表があったことを受け、地元紙『SunSentinel』の記事に目を通してみたら、少しだけ詳しく当日の様子が書かれていた。
 

なんで口論になったの?

 
記事によると恋人がチャップマンの携帯に、別な女性からのテキストメッセージを見つけたためと書かれている。
 

なんで不起訴になったの?

 
端的に言えば証拠がなく、彼女の証言も二転三転してあやふや、矛盾点が多く起訴しても有罪に持ち込めないため。
 

矛盾点とは?

 
彼女は911に電話した際、チャップマンが発砲したと話したが、実際その姿を見ておらず「私は隠れていた」としている。
 
また、彼女は「彼は他の人間がいても構わず私を殴った。イカレている」と証言していたが、ふたりが身体的にぶつかった現場を見たと証言した者はいない。
 
彼女はチャップマンに首を絞められたと言ったが、現場に駆けつけた警官は誰も彼女の首にそのような痕はついてなかったと言う。
 
もともと急行した時点で警察は矛盾点を感じており、そのためチャップマンを逮捕しなかったようだ。
 
以上、だいたいそんな感じ。
 
この発表を受けMLBがどんな裁定を下すかは、また別の話になってくる。
 
広告を非表示にする