『黒い森』折原一

何を楽しみに本を読むかという問いは電子書籍が台頭し始めた現在、より今日的な問題になっているように思われる。紙をめくる感覚であったり、手に取ってみないと伝わらない装丁の工夫だったりを挙げる人も少なくないだろう。 折原一の『黒い森』には少し変わった仕掛けが施されている。