読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

『中間管理録トネガワ』の悪魔的な面白さ

皆さんは『中間管理録トネガワ』という漫画……いえ、利根川幸雄という人物を知っていますか? 彼は漫画『賭博黙示録カイジ』のサブキャラクターで、主人公・伊藤開司(かいじ)が対決する、いわば中ボスです。彼との対決を乗り越えることにより、自堕落な生活…

4ヶ月ほど放置してたわけですが

戻ってきてみたら、はてブロProは期限切れしてるし、独自ドメインの更新忘れて過去記事が外部サイトでリンク切れ起こしてるしでどうしようもねーな。はてブロはPro購入し直したけど、ドメインは人手に渡ったみたいなんでお手上げです。 「はよ更新せえや!」…

auブックパス使ってる人のKindle Unlimited感想

Amazonが提供している電子書籍サービス『Kindle』は有名だと思います。そのKindleが提供する月額読み放題サービス『Kindle Unlimited』が日本でも始まりました。はてなブログでもさっそく話題にしてる人が多く、少し前の『ポケモンGO』ばりにブログネタとし…

『黒い森』折原一

何を楽しみに本を読むかという問いは電子書籍が台頭し始めた現在、より今日的な問題になっているように思われる。紙をめくる感覚であったり、手に取ってみないと伝わらない装丁の工夫だったりを挙げる人も少なくないだろう。 折原一の『黒い森』には少し変わ…

『WEB小説家になろうよ。』早矢塚かつや

『WEB小説家になろうよ。』の注目点としては、『なろうぜ』あるあるを挙げたいですね。この『もの書きになろうぜ』というサイトは、言わずもがな『小説家になろう』をモデルにしています。 そのため、ここで示される『なろうぜ』作品の類型分析は、なろう系…

『詩音 OF THE DEAD』ムロヨシ・タカシ

ゾンビ物というのは近年なかなか盛り上がったジャンルであり、我が国でも数年前にコミック・ライトノベル界隈で作品数が増えた時期がある。一方で雑誌『ユリイカ』では「ゾンビ物がブームというけど、売り上げからは必ずしもそうとは言えない」という論考も…

『翔んで埼玉』『埼玉最強伝説』埼玉県民の屈折した郷土愛と自虐

『翔んで埼玉』は地方ネタを好んで取り扱う日本テレビ系『月曜から夜ふかし』で取り上げられ、再び注目を浴びた1980年代の漫画。時期的にはタモリが頻繁に「ダ埼玉」という単語を用いだしたのと同じころだ。 本作品での埼玉の扱いは「これはひどい」の一言

漫画『全ての人が美しい世界』

無料漫画アプリ「comico」で漫画『全ての人が美しい世界』を読みました。といっても、まだエピソード1の“midnight circus”だけですが。 内容としては韓国の10代少女たちが、美醜に悩み傷つきながら送る青春物です。作者は韓国の方のようですね。整形大国と言…

昭和元禄落語心中を見た

Amazonプライムの試用期間中につき、プライムビデオが見放題だ。さっそく今冬の新作アニメ『昭和元禄落語心中』を見た。放送開始前はアニメ化されていることも知らず、ツイッターで話題になっていたので何となく見たのだが、視聴後はこの先が楽しみになった…

『彼岸島』松本光司

ふと思い立ち週末に『彼岸島』第1期を全巻読み返しました。全33巻を2日ほどで一気読みするマラソン通読でしたが、何だかんだ楽しめてしまうのが本作の魅力ですね。

『さよなら、シリアルキラー』バリー・ライガ

『さよなら、シリアルキラー』は、主人公の少年・ジャズが住む田舎町で女性の死体が発見される場面から始まる。遠くから現場を眺めていた彼は、直感的にこれが連続殺人事件の一部だと察する。だが地元警察は当初ジャズの言うことに耳を傾けないい。ジャズは…

『地上最後の刑事』ベン・H・ウィンタース

設定としては終末SF+警察ミステリ。小惑星マイアの衝突が宣告されてから自殺者が増えた通称“首つりの町”コンコードを舞台に、世界が終わるときまで愚直に刑事としての責務を果たそうとする若い男の物語。

『学園カゲキ!』山川進

全6巻というコンパクトさもあり、2日でシリーズ通読したので感想を。 『学園カゲキ1』 シリーズ1作目。 街そのものが映像作品を撮影するために用意された行政特区、そこに作られた学園に通うスター候補生たちの日常物。 設定の妙としてはラノベにありがちな"…

『マカロン大好きな女の子がどうにかこうにか千年生き続けるお話。』からて

セールでKindle版が安くなっていたので試しに読んでみたんだがタイトル長っ! 『マカロン大好きな女の子がどうにかこうにか千年生き続けるお話。』あらすじ 「そんなわけで、千年生きるにはどうしたらいいの?」マカロン大好きなメルヘン少女が千年生き続ける…