読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

『中間管理録トネガワ』の悪魔的な面白さ

皆さんは『中間管理録トネガワ』という漫画……いえ、利根川幸雄という人物を知っていますか? 彼は漫画『賭博黙示録カイジ』のサブキャラクターで、主人公・伊藤開司(かいじ)が対決する、いわば中ボスです。彼との対決を乗り越えることにより、自堕落な生活…

4ヶ月ほど放置してたわけですが

戻ってきてみたら、はてブロProは期限切れしてるし、独自ドメインの更新忘れて過去記事が外部サイトでリンク切れ起こしてるしでどうしようもねーな。はてブロはPro購入し直したけど、ドメインは人手に渡ったみたいなんでお手上げです。 「はよ更新せえや!」…

帰ってきました

久しぶりにブログへ戻ってきました。書こうとしたことあったんですが、うまいこと考えがまとまらないので最近読んだ漫画『のみじょし』について書きます。

『詩音 OF THE DEAD』ムロヨシ・タカシ

ゾンビ物というのは近年なかなか盛り上がったジャンルであり、我が国でも数年前にコミック・ライトノベル界隈で作品数が増えた時期がある。一方で雑誌『ユリイカ』では「ゾンビ物がブームというけど、売り上げからは必ずしもそうとは言えない」という論考も…

『翔んで埼玉』『埼玉最強伝説』埼玉県民の屈折した郷土愛と自虐

『翔んで埼玉』は地方ネタを好んで取り扱う日本テレビ系『月曜から夜ふかし』で取り上げられ、再び注目を浴びた1980年代の漫画。時期的にはタモリが頻繁に「ダ埼玉」という単語を用いだしたのと同じころだ。 本作品での埼玉の扱いは「これはひどい」の一言

漫画『全ての人が美しい世界』

無料漫画アプリ「comico」で漫画『全ての人が美しい世界』を読みました。といっても、まだエピソード1の“midnight circus”だけですが。 内容としては韓国の10代少女たちが、美醜に悩み傷つきながら送る青春物です。作者は韓国の方のようですね。整形大国と言…

『彼岸島』松本光司

ふと思い立ち週末に『彼岸島』第1期を全巻読み返しました。全33巻を2日ほどで一気読みするマラソン通読でしたが、何だかんだ楽しめてしまうのが本作の魅力ですね。